ワセリンの使い方|結婚式の衣装の準備や両親へのプレゼントを選ぶタイミング【事前準備が大切】|結婚式準備.com

乾燥を防ぐことのできるワセリンの仕組みや使い方を知ろう

ワセリンの使い方

ワセリン

保湿剤で人気のあるワセリン

保湿剤としてワセリンを利用する方が増えてきています。このワセリンには乾燥を防ぐ効果があり、お肌の水分を保つことができます。刺激も少く、顔にも使用することができます。

ワセリンの保湿の仕組み

ワセリンはお肌の水分を保つことができますが、その水分を保つために油分を利用しています。冬場はしっかりと乾燥を防ぐことができますが、夏場に利用する際は付けすぎるとベタつきやすくなってしまうので、注意するようにしましょう。

ワセリンがおすすめのシーン

ワセリンは低刺激で乾燥を防ぐことができるため、さまざまな方が利用することができます。保湿をすることで美肌を保つことができるため、結婚式を控えた花嫁さんのメイク前の保湿にも利用できますし、小さなお子さんのお肌も優しく保湿することができます。

ワセリンに関する疑問にお答えします

ワセリンにはどんな種類があるのか?

ワセリンには「白色のワセリン」「プロペト」「サンホワイト」という3つの種類があります。「白色のワセリン」は多くの方が目にするワセリンで、全身に使うことができるものです。

プロペトとは?

ワセリンの種類に「プロペト」というものがありますが、こちらは白色のワセリンから不純物をなくしたものになります。白色のワセリンでもお肌への刺激が少ないですが、プロペトは目元などの皮膚が薄い部分にも使用することができます。

サンホワイトとは?

「サンホワイト」は、プロペトよりもお肌に刺激を与えずに乾燥を防ぐことができるタイプのワセリンです。こちらはお肌の弱い赤ちゃんなども使用することができるため、非常に刺激が少ない保湿剤になります。他のワセリンより高価なものになっています。

ワセリンを上手く使うには

ワセリンは全身に使用することができますが、すべての箇所に使用してしまうとかなりベタつきが気になってしまいます。ですので、顔は普段の化粧水や乳液を使用し、乾燥しやすい肘や膝に塗るなどして使用場所によって保湿剤を使い分けましょう。

ワセリンを使用する際の注意点

ワセリンは保湿効果が高く乾燥を防ぐことができますが、乾燥肌を改善できるわけではありません。お肌の水分を保持する力は、生活環境を整えたり、運動をして代謝を上げるなど、しっかりと健康な体を整えることで取り戻すことができるので、ワセリンは応急処置で使用すると覚えておくようにしましょう。

広告募集中